masa.photograph-diary

ヘッド緩み?あり得んな

18110801.jpg

今日も定時みたいなもんな時間に帰ってきたので、遊びます。
と言っても開始は21時。
夜に遊びのは楽しいですね。。。
さて先日のOB合宿から帰ってきてチャリを掃除してると気が付きました。。
「ヘッドが緩んどるがなーーーー!!!!」

あり得ない事態ですが、誰が悪いと問い詰めても生産性が無いので先に進みます。
さて調整です。
とりあえずステム高さを合わせるためにマーキングしておきます。(私は養生テープですね)

18110802.jpg

このクリスキング。
スレッドタイプなのは、うちでは当然の光景ですが、たぶん世間一般にはまぁまぁ特殊な方でしょうね。
ちなみにスレッドでも、2NUTタイプでは無くて、GRIPNUTというタイプです。

↑要はフォークコラムの出代が少なすぎて上玉押しとナットがかけられない状態を何とかする奴です。
ほら・・・うちのフォークの出代なんて10㎜ありません。

18110803.jpg

GRIPNUTの組付け方はこうです↑。
いや、たぶんこうです。。。というか構造上こうしかありえません!
って知らんのかい!って話ですが、よく説明書等は見たこともありませんが、物を見ると納得できますよ。

さて組み立て方ですね。
左側銀色の外側テーパの内側ねじ切りのスリットが入ったものを、右側の上玉押しっぽいものに挿入します。

18110804.jpg

後はナット部分を締め付けていきます。
銀色のモノの周上の位置がですね、決まってます。↑銀色の一部のでっぱり部分を合わせる感じです。

ナットはある程度で良いので手で絞めておきます。
(あまり締め過ぎると、フォークコラムに入りませんよ。。。)

18110805.jpg

さていよいよ調整ですね。
取り出したるは、年に一度も使わないヘッドスパナです。
いや一緒にBB回しも映ってますが、右側のヘッドスパナですよ。いやぁ久しぶりに見た・・・

18110806.jpg

ここからは私の手順です。
①とりあえずヘッドは手で閉まる範囲で適当に締め込んでおきます。
②ステムを入れて所定の高さと向きを合わせて一旦固定しておきます。
③ハンドルを回し、できればホイールが真横まで回し、前ブレーキを握ります。
④その状態で車体をギコギコと前後に揺らします。

ハンドルを切ってギコギコするのはブレーキシューの所で遊びがあると、
そのガタツキを感じ取ってしまい調整できない為です。
この状態で上玉押しを締め込み、ガタが出ないところまで詰めます。

18110807.jpg

さて、最後に上玉押し部をヘッドスパナで固定して回らない状態で、ナットをスパナで締め込んで終了~♪
やっぱり精神衛生上、ヘッドのゆるみは良くない。
しかしなぁ、チャリ屋さん・・・・締めておいてよね。。

と週末に向けて準備完了です。
  1. 2018/11/08(木) 23:51:27|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<植物園のちホイール | ホーム | SEL55210修理・・・・未完>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

masa

10 | 2018/11 | 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search