masa.photograph-diary

ちょっと加工して

15101701.jpg
問題の箇所はこちら。
インナーの内側には5ピンが収まる座グリが入ってます。
一応・・・といっては何ですが、コレくらいが標準でしょうね。
15101702.jpg
そしてアルミ製の5ピンを入れた図。
うーんやばいくらいに出っ張ってますね。インナーとチェーンステーの隙間は約0.5mm程度なんで、
ピンが2mm弱出っ張ってるから無理に決まってます。無理無理!!!
15101704.jpg
で、5ピンを削りました。
もちろん昔ながらの鉄製の5ピンを削ったわけです、だいたい0.5mm程度に。そりゃそうですね、当然。
5ピンを締めこんだ軸力に勝る必要があるんで、ざっくり見積もってもアルミじゃ持ちません。
まぁそもそもアルミの5ピンって、コストを考慮すると量産ではヘッダーで作ってるでしょうから
強度設計上必要ないからといっても、ツバの厚みは一定以下に出来ないもんなんですよ。。。
ツバの所を外へ張り出す時に、肉が張らずに割れちゃうんですよね。
だから無駄に厚い!
15101703.jpg
でこの切削品を押し込むと・・・・
出来上がり!飛び出しなし!!!スッキリ!!!
  1. 2015/10/17(土) 22:56:09|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<京都遠征に | ホーム | 悲しき5ピン>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

masa

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search