masa.photograph-diary

キッズバイク比較

17042102.jpg

S君の自転車のご紹介。
キッズバイクです。

↑これは一代目のアサヒ製14インチ。
極々一般的なもので、前かごもついてるし、サドルの高さも結構高く出来るし、思いのほか軽いし、よく出来てます。
特徴的なのはリアセンターの長さですかね。
リアセンターはペダルの所から後輪の距離ですが、ココが長くなるほど安定感が増します。
反面反応が鈍くなり、取り回しが重くなります。
重量は10キロちょっと。まぁまぁ軽い方だと思います。

17042101.jpg

↑二代目はコメンサルのMTB風。
ラモーンズの14インチです。
タイヤが明らかに大きく見えますが、同じ14インチです。太いんですね、タイヤが。
フロントセンターとかリアセンターとかとにかく短いですね。
特にリアセンターは比べ物にならないくらいに短いです。
意外とハンドルの握るところとサドルの距離は同じくらいです。同じに全く見えませんが同じです。
重量は7キロちょい。軽いですね、かなり軽いです。
S君でも楽々・・・・やはり軽いって言うのは正義です。
取り回しが楽チンなので、自分の思い通りに動くのが良い感じなようで。

17042103.jpg

比べてみましたよ↑
こう見ると全く違いますね。
アサヒオリジナルはハンドルが手前に戻ってきてるので、それに併せてサドルも後ろへ。
そこから安定感を求めた走りで後輪はかなり後ろへ。
結果として全体的に長いです。
直進安定性がさぞかし良さそうな感じです。

コメンサルはハンドルがフラットバーなのでかなり前。サドルもそれに合わせて前です。
全体的に前重心っぽいですが、フロントセンターが詰まってるので重心はほぼ真ん中に収まります。
自分の意思が動きに反映しやすいジオメトリです。

乗り方に対して大きく違うのはペダルの高さでしょうね。
ペダルのついているクランクの軸部の高さが、アサヒオリジナルはかなり高いです。
↑跨ったときのサドルの高さを両方合わせているので、サドル高さはほぼ同じですが、
ペダルの位置だけアサヒオリジナルの方が高くってるのが分かります。

・・・・って事はかなり膝を上げないとペダルがこげない。こぎにくい。
対してコメンサルは、クランクの軸部が低くて、その分クランクが短くて、こぎやすい筈です。
この辺りがコメンサルが優れていると思うところですね。
ちゃんと乗りやすい形になってます。

うーん比べてみればダイブと味付けが違いますね。
より自転車に乗るという事に重きを置いたコメンサル。
結果的に乗りやすくて、余計なものが無いので軽い。

チャリは面白いと思って欲しいので、コレで行きましょう♪♪
  1. 2017/04/21(金) 22:02:42|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

masa

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search