masa.photograph-diary

今時の


Vブレーキです。今や猫も杓子もディスク全盛期ですが、うちのMTBには付きませんので。
問題は泥など噛み混みによるリム削れでしょうか、ガーガーと最悪です。リムが柔らかい奴に
シマノの硬いシューは最悪だと思います。柔らかい奴はフィーリングが良くないと思いますが、
既にレースに出る柄でもないのでリムが持つ方が良かろう・・・と最近考える訳で。

DTは表面処理されてないので結構削れます。下りなんて具合の悪い旋盤の如く削れます。
対して新家のRM17は見る限り表面処理済みで圧倒的に削れません。
色的にはタフラム処理っぽいのですが、表面硬度でHv500位だろうから結構硬いです。
S50C程度でHv300程度と考えると表面の数マイクロ程度だけだけど、まぁまぁ硬い。
DTはアルミの生だろうからHv100程度、そりゃあ削れる訳です。

でも!!!いくらなんでもアルミとゴムですから、ゴムが弱いに決まってるんです。
ちょっとゴムを柔らかくしても、リムの削れ方が変わる訳無いのですよ・・・たぶん。
ただーし!!リムは傷つくので、アルミの粉がゴムに挟まるとリムを削っちゃうだろうと。
その際にゴムが柔らかいとカスはゴムにめり込んでリムを削らない!!!
・・・そうだ、この理論で行くことにしよう。

と言うわけで、遅れてますがシューをシマノ以外にしてみましょう。手で触って柔らかい奴ですな。
あるかな?ほんと時代が遅れてるな。
  1. 2008/10/11(土) 23:45:40|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:1

masa

09 | 2008/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search