masa.photograph-diary

NEWレンズ

17120601.jpg

40㎜レンズを買いました。
元々は長らく80㎜をつけてたんですがね。
40㎜なんで6×6ならば結構な広角レンズですよ。
ZENZANON-S40㎜。ゼンザノンですよ、善三郎さんからのゼンザノン。楽しいネーミングです。

難しいですよね・・・
40㎜といえど、6×6なんで、35㎜換算で22㎜相当。かなりな広角レンズです。
ちなみに80㎜は25㎜換算で44㎜です。これならが普通使いの標準レンズです。

でこのレンズ、3000円。安い!
そして80㎜レンズとボディは東京に住んでた時に、中野で仕入れたんです。
って事は15年くらい昔ですな。古い・・・

17120602.jpg

でもね、少々難ありです。
「ズームリングのゴムがない!!!」、いや正確には「フォーカスリングのゴムがない!!」です。
これって大したこと無いって思ってたんですが、無理ですね。

フォーカスリング回そうと思ったら、滑って回せません。
特にフォーカスリングって薬指の先っぽだけで回してるんで、引っかかりがないと厳しい。
無いと初めて感じる不便さ。
さっそく手配だな。
  1. 2017/12/06(水) 23:37:45|
  2. photo|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

花形が

17113001.jpg

かなり使い込んだ我がキャノンのEOS-KISS。
レンズはこだわりのシグマ30㎜-f1.4。
ピント合わせはいまいちぱっとしませんが、結構いい味出します。
まぁ明るいレンズは良いですね。家の中で子供を撮るには最適です。

外は・・・・特に晴れている日は厳しいですね、私の場合は絞り優先でいつも撮るのですが
結構解放付近で撮ってるので、外ではシャッター速度が追いつきません。。。

そのレンズフード。気が付けば割れてました。
花形フードだから気が付きませんでした。ほんとに。

17113002.jpg

新しいフードを買うのもしゃくなので、くっつけてみましたよ。
ちょっと不安ですね、これは。
内側にも接着剤のはみ出たのがくっついてるんですが、若干光を反射してしまう感じ。
  1. 2017/11/30(木) 23:09:13|
  2. photo|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

これは古い

17102301.jpg

キャノンのデジカメ IXY200です。
先輩に大昔もらったのを忘れてました・・・・2台も。

「S君デジカメで写真を撮りたいんだよね、お父さんのカメラ一つちょうだいよ!いっぱいあるでしょ」

と来たもんで、子供にあげるようなデジカメなんぞ無いぞ!って突っぱねてましたがありましたね。
しかもちゃんと動きます。
液晶が極小ですが、どうもファインダーを覗いて撮りたいらしく問題ありませんね。
今日帰ったら、ストラップまでつけてスッカリお子ちゃま仕様です。

ちょうどよいデジカメを貰いました。
助かりましたよ~
  1. 2017/10/23(月) 23:56:15|
  2. photo|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

写真部活動

17052202.jpg

はい久々に写真部活動をしましょう。
ほんとに久々です、出来るかな???
今回運び込まれたのは ↑こちら。ってさっぱり分かりませんね。
キャノンのデジカメです。結構古い。
症状は液晶映らない!!!って定番。

ココでしょ?↑
17052203.jpg

ゴネゴネやってると ↑こうなりました。
うむ、もしかして液晶自体がおかしいとか?これはヤバイね。
雲行きが怪しくなってきたような感じがします。
17052204.jpg

更にゴネゴネやってると復活!!!
なんかカバー外すのに手間取ってしまって、小1時間かかりました。
でも直ると楽しいですね。
  1. 2017/05/22(月) 23:54:51|
  2. photo|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

お直ししました

17021502.jpg

かれこれ5年弱使っている我がEOS-KISS。
シグマのf1.4がお気に入りですが、少しピントが甘いのが・・・
でコレにつけているバンド。皮製でしっくり来てます。
このタイプのバンドは、グリップの付いている一眼レフには相性良いと思ってます。
17021503.jpg

でこのたび、気が付けばこのバンドの紐が今にも千切れそうなのを発見!
凄いな、この意図だけで繋がった状態で結構使ってたのかな。
よく千切れなかったもんです。
革のベルトを二枚重ねて縫い合わせてありました。
カメラの重さを金具越しにグリグリられるので千切れたのでしょうね。
17021504.jpg

で新しいバンドがコレ。↑
今度は片面が革で、片面がナイロン仕様です。
同じ症状が出るのでしょうね、対策仕様となってます。
これなら摩擦にも耐えれそうです。
17021500.jpg

ちなみにこのバンドですが、心斎橋の「acru」ってところで買ってます。
今回は革のバンド部分だけ交換してもらいました。
アフターサービスもしっかりしてて、お直しも手早く、気遣いが行き届いている感じが気に入っています。
相談は店舗に行ってあれこれ聞いた後に「じゃココだけ治しちゃいましょうか?」となったわけです。
ちゃんと名前入りで直してくれる。製造者責任が行き届いていて好感が持てます。
同じ製品ならば断然こういうところのほうが良い。と思うわけです。
17021501.jpg

さて・・・・交換完了。
既に手になじんでいるので、当然ながらしっくりです。
やっぱりね、カメラ構えたときに自然にホールドしてくれる感じがストレス無くて良いですね。
これはお勧めですよ。
  1. 2017/02/15(水) 23:02:28|
  2. photo|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

カメラの日干し考

17020701.jpg

ほんとに手間がかかるもんです。
先週から暇を見つけては日光浴をしています。「日光浴」です。
正直あまり使わなくなったカメラたちです。
そりゃぁボタン一つで自動的にほぼ適正な露出を見つけて
シャッターを下ろしてくれる魔法のカメラがあるのです。

でもね、譲れないところもあるのですよ。このカメラみたいに。
苦労を知っているからこそ味わえる楽しみってのがあるのです。
それが常識ならば楽しみなんて見出せません。

そいうアイテムをもっているという事はなんと幸せか!日々思うわけです。
不便があるからこその便利なんです!!!

って今週はおかしいんじゃないか?投稿がおかしいぞ!!!
  1. 2017/02/07(火) 23:33:16|
  2. photo|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

お手入れ

16061301.jpg

昨日の友が島で盛大に濡れた双眼鏡をお手入れ。
レンズは大切なので念入りに・・・

しかし、三脚に双眼鏡を固定するところが欲しいな。なんとかしてみようかな・・
  1. 2016/06/13(月) 23:18:34|
  2. photo|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

景色

16060901.jpg

自然豊かな村の中でも特に好きな景色です。

雨の音まで聞こえてきそうな。
  1. 2016/06/09(木) 23:20:00|
  2. photo|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

時を切取る行為

16060801.jpg
写真って時を切り刻んで保存する行為なんです。
デジカメでパシパシと撮れるんですが、時々は時を切り刻む行為を楽しむのも、また良し。
一枚の重みって奴を体感すべく、敢えてのフィルムです。

週末はコレで行きました。120フィルムですね。12枚取れます。
12回シャッターが切れます。
12回時を切り取れるんです。
凄いですね。
16060802.jpg
まずはカメラに装填します。
この儀式が面白くて胸が高鳴りますね。
「さて・・・・どう切り取ってやろうか?」なんて事を考えながら装填です。
16060803.jpg
ガチャコン!!!とマガジンを締めてしまえば装填完了です。
さぁ行くぞ!って気になります。
ま、シャッターを切るまでにやるべき作業はまだまだあります。
16060804.jpg
さて、撮影前に幕を引き出します。
幕を開けるんですよ・・・・フィルムマガジンに装填したフィルムをレンズを通して外界を通じさせる行為です。
16060805.jpg
さぁシャッターを押そう!となるんですが、露出を決めてやらねばなりません。
私の場合はシーンに合わせて絞りをいじってしまいます。コレが先ですね。
何を撮るのか?どんな感じにするのか?どこかをボヤケさせて誇張するのか?・・・・などなど。

カメラに露出計などという高価なものは付いてませんので、↑コレで。
コレで十分過ぎますけどね。
絞りは予め頭の中で決めてるので、シャッター速度だけを決めちゃいます。
16060808.jpg
さぁ!!!
行きましょうかね。
絞りとシャッター速度で露出が決まるので、いよいよ撮影です。
時を切り取る作業開始。
何度やっても少し緊張するし、その緊張はフィルムを使うことで意識できます。
だって今回なんて、たったの1/12なんです。
フィルムにしか分からないことがあるんですよ。

シャッターを切ります。
「ガシャコンッ!!!」
鳥が飛んでいくんじゃないか?というくらい大きなシャッター音。
やっちゃったな。後戻りは出来ないぞ・・・という独特な満足感に満たされます。
「シャッターを切ってやった!」といのがこのときの正直な感想です。
16060807.jpg
ちなみに、6×6はカメラ本体が重すぎるので、使う三脚はしっかりしたものを。
私は大昔のベルボン、マーク7です。
ミラーの跳ね上がりや、カメラ自体の重量に決して負けない強さがあります。
このクラスの三脚がオススメですよ。




  1. 2016/06/08(水) 23:42:50|
  2. photo|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

雨の撮影

16060502.jpg
朝から走りに行こうと思ったら雨でした。
それも大雨。
「雨かぁ~チャリは乗れないな。。雨かぁ~何するかな、しかも朝早くに起きてしまったし」
という事でカメラ片手に森の中へ繰り出しました。

雨の日は好きですね。
艶やかな木々が映えます。白黒で撮るとなお一層引き立つんですよ。

車を森の中にデポして這いずり回って写真を撮りました。
6×6で行ったんで、2ロール分の24枚ほどで終了です。
16060501.jpg
夜明け直後。
景色が色づきだす前の、白黒からカラーに変わる感じに誇張してみた ↑

そうそう、今朝はこんな感じ。

静寂と千早赤阪村。


  1. 2016/06/05(日) 23:37:14|
  2. photo|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ

masa

02 | 2020/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search