masa.photograph-diary

まだまだ通行止め

18022503.jpg

昨日の反省とばかりに今朝も走りました。
と言っても今日も30キロちょっと。
これで十分ですよね、いや急に運動するのはかえって体の為に良くないのですよ。何たら理論ってやつです。
何だ?そんなのきいたことない様なあるような・・・・

さて今日はいったん河内長野に降りて登り返し。
そうそう、やっとこさ去年の11月から通行止めになってたR310 の工事は終了~いや、3桁国道と言いつつも国道ですよ。
それが3か月も通行止め。。。

で久しぶりに見た観心寺ですがちょっと前からの工事がだいぶ終わってました。
大木も切り倒されてやたらと見晴らしが良い。
風情はだいぶ損なわれましたがね。

18022504.jpg

国道を走るのは嫌なので、農道的な小道をつないで走りました。
この方が自分のペースで走れるので助かります。
この後は金剛トンネルまで登って、下って終了です。

18022505.jpg

最後はこちらも未だ通行止めの、家に通じる激坂区間。
なんだか通ってみれば一応モルタル吹付は終了してました。
これね、結構大きな亀裂が入ってるとか何とかで。
しかも場所が私有地にかかっているとかで揉めているらしい。。。

長引きそうですな。。。まだまだ去年末の台風の爪痕は残ったままですよ。
  1. 2018/02/25(日) 20:36:37|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

気持ち的には2か月ぶり

18022401.jpg

朝ラン。
まぁそれはそれは久しぶりです。
なんたって休み自体が久しぶりなのですから当然です。
当然ながら全く乗っても無いので走れるわけもなく・・・なんですが集まりました。
前日の夜に集合をかけると来ましたよ、黄色い車のF井クンですね。

で今日は村の中を中心に駆け回って・・・・なんとっ!!!20キロ。3時間。休憩は25分。
おかしいぞ!!!計算間違ってないか?

村の道の駅に集合。金剛山に上るかと思いきや、道を逸れてグリーンロード。
鳩の原方面へ行ったと思いきや、西園寺の先から山道へそれて、旧小吹を通って小吹台脇へ。
そのまま小吹のバス停を過ぎて、板持手前のローソンで休憩。
更に河川敷方面へ抜けてからの滝谷不動~村へ。

走った感満載ですが、ビックリするくらいに走ってません。
いやはや疲れた・・・
  1. 2018/02/24(土) 23:17:55|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

7401か?7402か?

18012901.jpg

ビアンキのプロムナード化に必須となった7402ジュラエースのRD。
↑こんな感じで広げてRDを作ってたわけですよ。
RDを作ってたという表現もおかしいですが、事実作ってたのです。
うーんこれはガラクタでは無くて部品の集まりですね。
決してガラクタではありません。

18012902.jpg

そして今日のお題はRD-7401 、およびRD-7402 。
スペックは置いといて、どこが違うの?状態ですよね。
・・・違うのですよ。全然。
因みに↑右の7401は正規状態ではありません。
当時に7401のロングケージなんて存在しないのです。
既に改造済みですが、今回はこの7401を元のショートケージに戻すのです。

両社の見た目で大きく異なるのは、ケージを止める構造でしょう。
ボルトが正面から見えるか、見えないか?ですね。
個人的には7401のボルト穴が見える方がかっこよいと思いますけどね。
部品点数が増えるので量産対応としては賢いやり方とは思えません。

18012904.jpg

さて裏から見ると、7401は正面からボルトを通して、ケージの裏側に薄いナットでケージを挟み込んで止める構造です。
変わって7402は裏側からのボルト止め。
通常進化ですね、量産でできるだけ不具合を出さずにしようと思うとこうなると思いますよ。

18012903.jpg

ショートケージ比較。
左は6401のケージなので、更に簡素化されてボルトでもないですが・・・
右は7401ケージ。
見事にプレートだけで穴が開いてるだけなのですよ。
ボルトとかがカシメられてないので、改造しやすいですね。
自分でプレート作っても使えます。
昔の方が自分でいじることができて良かった気がしますな。
  1. 2018/01/29(月) 23:05:10|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

またもや壁に

18012401.jpg

エネシクロのWレバーを購入。
要はグランコンペですけどね、かっこよいではないですかね。
ノンインデックス仕様でフリクションレバーです。
何だか昔に戻った感じですね、昔はね・・・・Wレバーで如何に素早く変速できるか?を研究していましたね。
確かフィニヨンのWレバーさばきが素晴らしかった気がします。

18012402.jpg

そう思って、取り出したるは105のWレバー。
これはインデックス仕様です。
確かにパチパチと漕ぎみよく動きますが、よくよく考えれば105のレバーは若干フィーリング良くないです。
パチパチッ!って感じじゃなくてコクコク・・って感じ。
カチッカチッ・・が良いんですよね。
まぁこれで良いか。とこの時は思ったのですよ。この時はね。

18012403.jpg

で何気なく横からレバーを見た見たのです。。ここからが不幸の始まりの入り口です。
あれ?なんかおかしくない?おかしいですよね?

Wレバーのワイヤーの溝と台座側のワイヤーの出口の高さが違います。
うむ、これではワイヤーがスムーズに動かないぞ。。。
困りましたな。

18012404.jpg

一旦レバーを外してみますな。
これがレバー外したところ、アダプターが乗ってるだけです。
なんかこのアダプターが無ければいい感じの高さになるんだがな。。

18012405.jpg

このアダプターはWレバー側に付属してます。
要は105のレバーの続きです・・・ね、続きって変ですけど。まぁ続きなのです。
レバーの裏と合う形の凹凸があるのですね。
これで位置決めと、回転の際のトルクに耐えるようになってるわけです。

18012406.jpg

でアダプターの裏側は・・・こうなってます。
台座側の四角形にはまる構造です。

因みに、↑このアダプターは既に追加工済み。
ほんとはダウンチューブのWレバー台座に合うようにラウンド形状です。
それをフラットマウントに合うようにラウンド部を削ってしまいましたね。
もう後戻りできません。突き進むのみ!!!

更に因みに、このアダプターはダイキャスト製。
ご丁寧にメッキしてあるので、樹脂っぽく見えますが。
まぁ見た感じ、樹脂ではどんなにエンプラ系を使ってもこのトルクには耐える構造は出来そうにないしね。

ということはこれ以上Wレバー側の高さを下げる要素は残ってませんな。
困りました。非常に困ったな。

でもね、やるとすれば、台座側の高さを下げるんでしょうな。。。これは。
フライスでエンドミルでチャーっと削れば簡単に5㎜位下げれそうです。
うむフライスだ!!!

18012407.jpg

と、ここでいったんエネシクロに戻ってみましょう。
元はどうだったか?元からおかしかったんじゃないか?(←まぁそんなはずは無いのだけれど・・・・)
うむ、完璧です。そりゃそうか。
さてどうやって進むかな~

皆さんも注意ですよ。
エネシクロのWレバー台座セットを他のレバーで使う際にはご注意を!
  1. 2018/01/24(水) 23:15:41|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

朝練など

18012103.jpg

寒いです。いや今日はさほど寒くない。
朝錬はいつもの金剛トンネル方面へ。
と言っても昨日はおいしいパンを買って帰ったので今朝は家族で朝食にパンを食べてましてね。
という訳で出発は10時前・・・・遅いな、そして時間がない。

でも頑張れないので、石見川のバス停で休憩。
いやぁ~やけに今日はチャリで登ってくる人が多いですな。

しかし凄い数の融雪剤。
うちの自治会にも村から今年度分が支給されてますが、こんなに多くない。。

18012104.jpg

そして頂上。寒いです。
ココは寒い。
大阪側の頂上って朝のうちは日があたらないのに風が吹きとおしで寒いです。
おーぉ寒い寒い。。。。とりあえず下ろう!って事で暖かそうな奈良側へ下山。
ギャー!!!!
暖かいと思ったのに余計に寒いです。。

18012105.jpg

でその後どこに行きまかね?なんて妄想しながら攻めに攻めて下山。
こう見えてもですね、下りは得意です。
そりゃね、高専の現役競技時代から鍛えた技術ですよ。。。いや根性か?

そんなことはどうでもよくって、その先は富貴方面だな!って思ってたんだけど、
よく考えればそんな時間もなく、登り返しですね。

で小一時間後、またもや頂上へ。
奈良側は見た目暖かそうでしょ~コレでもクソ寒いです。。
  1. 2018/01/21(日) 21:41:21|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

トルクレス激坂

18011401.jpg

初激坂へ。
疲れた・・・・正直疲れたのです。
歳ですね、これは。

まぁでも綺麗な景色を眺めてると来てよかったなぁ~なんて思う訳です。
車でも良いんですけど、やっぱり自分の力で上る坂は達成感が半端ないし、
途中で少しでも気を抜けば、直ぐに止まってしまうし、ガンバらなければ到達しないのですよ。

18011402.jpg

・・・と偉そうにつぶやいてますが、実はこれ↑。
ロードとは思えないギア。
フロント34T、リア40T。

あり得ない歯数。
圧倒的なトルクレス感。
気持ち悪い、上死点と下死点からのグワッと足に加わるトルク感。

で・す・がっ!!!ロードにも40T。お勧めですよ。
ロングケージのRDはかっこよろしくないですけどね。
  1. 2018/01/14(日) 21:33:06|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

ビアンキのプロムナード化

18010901.jpg

正月休みの復習です、こんなことをしてました。
ビアンキのプロムナード化改造。
クランクは7402へ変更。
もちろんプロムナード化なので、普段着乗りだからチェーンの油が服に付くなんてあり得ない!
と言うことで、アウターは歯をグラインダーで取っ払いスムーズ化。
元々開けてあった肉抜き穴がイカシテマス。

18010902.jpg

ついでにRDは7401へ。
スプロケはMAX-28Tあるんだけど、公称26Tだから大丈夫でしょう。
キャパも確か26Tだけど、フロントシングルで12-28TだからコレもOK。

但し・・・なんだか数回クランクを回した限りでは、フロントとリアのチェーンラインが取れてない。
ロード用では厳しいか?
もうちょっとBB軸を長くしてフロントを外へ出して、リアとチェーンラインを合わすか?
ひとまずは、テンションプーリーを小径化して胡麻化すか?

とまぁこんなことを考えながらチャリを作るのはとても楽しいですよ。
  1. 2018/01/09(火) 23:51:07|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

夕方村走ります

18010407.jpg

夕方ラン。
走れる日は走るのですっ!!!
まずは棚田を偵察。下赤坂城址のあるココですが、
正式に村道(中学校沿いの細い道)が通行止めになってましたね。
前から路肩が崩れてましたが、崩れてる範囲が微妙に広がった気がします。
そうそう、今日は吹奏楽部がピープー楽器の練習してましたね。。。正月4日ですけどね。。。熱心だな。

18010404.jpg

あちこち村内を走ってみましたが結構細い道は崩れたまんまです。
ここ↑
かなり広範囲に崩れたまま。ココはグリーンロードから山燈火への道の途中です。

でもね、これだけ崩れても、これだけの大木ならば倒れずに残るんですね。
なんだか、凄くたくましく思って感心しました。
自然は予測不能で恐ろしいけど、それでも素晴らしいな。

18010406.jpg

とひとしきり走って疲れたので休憩。
カッコつけるとはこういう事か?という図。
「どこ向いてるんだ?」というのがテーマです。

18010405.jpg

何を考えているかというと・・・・

↑コレです。ろくでもない自転車乗り。
もうね、長く乗ってるとこうなってしまうのですよ。。。がむしゃらに走るなんて、以ての外です。
  1. 2018/01/04(木) 19:38:31|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

走る!組む!グチャグチャ

18010301.jpg

今年はちゃんと走りたい!という訳で今日から走ります。
とりあえず金剛山ですね。困ったらココです、なんたって直ぐそこですから。
家を出る時は雨?って感じでしたが、上は雪でした。
寒いです。。。
でも、上ってると若干暑めなのです。着るものが難しい季節ですね。
という今日は、裏起毛の上下スーツに下はパールのウインドブレーク0℃タイツ。
上はRaphaのメリノメッシュにユニクロの極暖。アウターはRaphaのハードシェルジャケット。

久しぶりに走った割にはちゃんと走れました。
止まると寒いので黙々と走ってしまうのが、逆にいいかもな。

18010303.jpg

帰ってからは大晦日の宿題の20インチのホイール組み。
まずはフロント。これはラジアル組ですね。
直ぐにできました、ラジアル組ラクチンだ!!!

18010302.jpg

前後組み立てて、一旦組んでみました。
やばいぞ。。。部屋がグチャグチャだ。
正月早々にも関わらず。。。。ですよ。

リアのホイールが少しミスってましてね。
あーだこーだいじった訳ですよ。
ややこしい事をしたので、これはまた後ほど・・・
  1. 2018/01/03(水) 20:46:56|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

トレビアーン

17122801.jpg

ビアンキのプロムナード化案件。
ステムを買いました。
「VENO」っていうブランドです。結構カッコよいです。
これ、東京サンエスのオリジナルブランドだそうで。
東京サンエスと言えば昔からちょっとニッチなものを売ってる感じがします。

↑どうですこのすっきり感。
見ればトップキャップレス構造で、引き上げボルトは中に仕込まれてます。
角度は120度くらいで若干上がり気味。
メッキ無しでピカピカではないですが、程よくアルミの地が磨かれてハンドルとの相性良しです。
ハンドルクランプ径は31.6㎜。これはちょっといただけないですね。
プラムナード系のハンドルって25.4㎜がまだまだ多いと思うのですよ。。

17122802.jpg

横から。
ココがミソですね。
コラムスペーサーとのツナギがばっちりです。
ヘッドから立ち上がるラインの延長上にステムが繋がります。
更に優雅に曲がってハンドルまで繋がるラインに見ほれます。

まさに「トレビアーン♪」って感じ。
  1. 2017/12/28(木) 23:57:50|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

masa

01 | 2018/02 | 03
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search