masa.photograph-diary

ナローワイド風

20011401.jpg

通勤チャリを完璧にしたい!・・・・何が?ですね。
↑コレ。フロントはQ-ringsの36T。QX1とかではない普通のインナー用です。
ほとんど問題ないのですが、1週間に1度あるか無いかでチェーン落ちします。
そりゃそうだな・・・というかほとんど落ちない方が不思議だ。

暇にまかせて何とかできないか?考えてみます。

20011402.jpg

調べてみました。とりあえずね。

チェーンはコマ毎に内幅が異なりますが、それぞれ2.2㎜、3.9㎜だそうです。
対してチェーンリングは1.7㎜。
フムフム、なるほどね。 
分かった・・・・それこそ、何が???ですね。

20011403.jpg

↑こうですっ!!!
チェーンリングの歯を曲げてみました。
ナロ―ワイドよろしく幅を増やせないか?疑似的に・・・という策です。
どうなのよ?これ。

この歯を一歯毎に曲げていきます。
やってて思ったのですが、ナロ―ワイドの設定では奇数歯の設定は無理ですね。
一歯毎なので、当然偶数しか設定できませんよね。。
実際に今回やってみて思ったことです。フムフム。

20011404.jpg

↑チェーンを通してみました。
こんな感じですね。どうなの?これは。
変速してみてたんですが、そもそも結構チェーンラインが微妙でしてね。
ロー側はラインがかなり屈曲してるんですよね。
何もしない状態では、TOP側に変速すると落ちる場合があったんですが、
この状態ではLOW側に変速すると落ちるのが頻発。。。
ありゃりゃ。。。ダメだな。

20011405.jpg

っと!!!!!
あれこれをグニャグニャいじってると折れました。
あーぁ・・・・折れちゃったか。
というか結構脆いな、アルミのくせに。
A7075だから超々ジュラルミン、だからかぁ~

真似などせぬよう。
私は仕方ないので、今日から当分これで乗りますけどね。
  1. 2020/01/14(火) 23:22:18|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

朝は山へ

20011201.jpg

何だか朝から曇天で今にも降り出しそうな天気でして。
こんな日は近場で済まそう!ということで、ホントに家から近くて(入口まで5分弱なのだ)楽しい林道へ。
夏に来たときは、この道は途中が竹やぶで覆いつくされてて通行できなかったので、
今日はリュックに斧も仕込んできたのですが・・・誰かがキレイに刈ってくれてて開通してました。
ありがとう!!!

山の中は静かで良いですな。
ただ、遠くの方でバイクのエンジン音が木霊してて少しうるさいな。
河内長野のプラザ坂下ですよ。。。
たぶん当事者たちは知らないだろうけど、結構うるさいんですよね。

久々に通ったんですが、道がひどく掘り返されてて走りにくい事。
イノシシの仕業ですな。
奴ら直ぐに道を掘り返しちゃうんで困ったもんです。

20011202.jpg

そして午前中の2時間程、結構走り回りまくってかなり疲れました。
暗い山道から少し開けた場所に出る時の、日の光の神々しい事・・・
少し感動しますよ。
是非一緒に山に行きましょう!!!

という遊びを終えて、昼からは納豆を買いに市内まで遠征してからの住吉大社。
まだまだ正月?なのか、駐車場は無料ですよ。
  1. 2020/01/12(日) 20:29:29|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

キャパシティ考察

20010901.jpg

RD-7402考察。
今回はフロント42Tシングルで使用。リアは11-36Tの10速です。
どんなもん?
問題なく変速します。もちろんハンガーエクステンダー付きですがね。

ところで、RD-7402のキャパシティは26T。
普通はトータルキャパ=リア歯数差+フロントの歯数差ですが、今回はフロントは歯数差無しで
リアだけでキャパ25Tなのでトータルキャパな25Tとなり、トータルキャパ以下で計算上は一応OKです。
余談ですが、ココを狙ってリアのLOW歯数を決めてから、ギア比とGDを計算してフロント歯数を決めてます。

ちなみにRD-7402の最大歯数は26Tだそうで、普通にフレームに取り付けるとLOW36Tは余裕でNGです。
ココはハンガーエクステンダーで回避しているという訳です。

ハンガーエクステンダ-でディレラーを下にオフセットしている状態なので、LOW側がOKでも
TOP側はガイドプーリーとスプロケの間隔は離れすぎている状態ですよ。
ダイレクトな変速性能は期待できないという訳です。。。
ま、この状態じゃそんなの期待してなくて動けば良いのでOKです。
  1. 2020/01/09(木) 23:35:32|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

初リム組み

20010701.jpg

今年初のホイール組。
今回はリムを「h plus son」の「HYDRA」です。
ディスクブレーキ専用の700Cタイプ。何なら今風に29erです。
このリム、ディスク専用で幅が23㎜位あるので結構頑丈っぽいです。
そして将来的にチューブレスでも使用可能設計と!!素晴らしい。

いつもの32Hの6本組です。
ディスク専用なので、もちろんハブもディスク仕様・・・XTRにしました。
ノッチ音がチリチリ・・・って上品で非常に好みです。

それにしても新品リムは組みやすい。
普通にテンションかけるとセンターは出るし、振れないし、縦ブレも出ない。

20010702.jpg

さてこのホイール、何処に付けるか?
↑コレですっ!!!
通勤スペシャル3rensho。

これ、何とかなるのか?
自分でも不安ですが・・・ディスクブレーキはどうやってつけようかな。
  1. 2020/01/07(火) 23:48:16|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

Xシフター初走り

20010504.jpg

新潟でもらってきた草餅をお昼ご飯に頂きます。
水分が多いためか、トースターでは全く焼けないですね。
膨らまないし、伸びません。

でもね、美味いんだな。

20010501.jpg

今日は初走りの日。
久々に村散策をしようと思ってると、ココに行きつきました。
奉献塔周辺は水仙畑なので、一応綺麗な感じなんです。
さて・・・どうかな?

奉献塔手前の道の駅の脇で、村長が道草食ってましたね。
なんかテントの脇でだべってました・・・・
肝心の水仙は、まだ咲き始めです。

20010502.jpg

今年はですね、自転車関連企業に勤める身として、ちゃんと走る!!が目標です。
ちゃんと走るぞ!!!と気合十分で、でも機材はおふざけ満載です。

↑コレですね。
「Xシフター」です。「X SHIFTER」か?
ブラケットの脇に何とも貧弱なタイラップで取り付けてるんですが、これが必要十分で。
使用に何の問題ありません。

そしてフィーリングは?
もちろんレース機材としてはNG。いかがなもんです。
今日気になったのはシフトミス連発でして、長押しとワンクリックの差が非常に微妙なんですよね。
直ぐに2段分変速してしまったり。
慣れれば・・・と言いつつも今日は連発でした。

20010503.jpg

フィーリングはそんな感じで、かなり癖ありですが楽しいですよ。
ギュインギュインとうなりながら変速します。
まさに無線変速。
機械を動かしてる感がたまりません。

11-36Tの10速は問題無し。
ワイヤーの引き量の独自性で癖のあるRD-7402でさえ難なく動きます。
今日はあちこち走りまくって、いろんな状況で変速しまくりましたが
実用上での不都合は無さそうです。
いいねっ!!!
  1. 2020/01/05(日) 20:19:19|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ライトホルダー

20010301.jpg

暇に任せて普段やらないことをしてみましょう。
↑コレです。
キャットアイのVOLT300。コレね、毎日の通勤自転車で重宝してます。
冬は朝出る時でさえ暗いですからね。
更に夜はイノシシの恐怖と真っ暗な森の中を突き進んで帰宅する恐怖のお供です。

そして下が今回のアイテム。
Amazonで700円位でした、「ライトホルダー」だったかな・・・忘れましたが、要は何処でもクランプ出来るアイテムです。

20010302.jpg

いきなり完成。
まさにいきなりですが、そのやり方もいきなりです。正月ですからね・・・めんどくさい事なんてやってられません。
作り方はライトを挟んでグイグイと締め上げて固定するだけです。

↑そしてこのクランプする方向とライトの方向が同じ向きに出来る!というのが今回のミソです。
更に、ライトの方向がグリグリとパチパチッっと全方向360度変更可能!
すばらしい!!!!

20010303.jpg

さて・・・何が利点か?なぜにわざわざこれを使うべきか???
そうなんですね、天下のキャットアイさんですから、ライトをハンドルに固定するブラケットも良いものが付いてるんです。
何故か???

こうやって取り付けられる!という点がひとつ。
ハンドルにくわえたら、ライトの向きを調整して完了です。
何処でも取り付け可能ですね。

20010304.jpg

まぁ・・・・こっちの方向か ?
私の場合は通勤チャリを気分で変えてましてね。
今日はこっちのロードにするべ!とか、今日はシクロだ!!!
はたまた、今日は途中MTBで山を駆け回ってから行くかな・・・なんて具合に。

そして帰宅は必ず暗いのでライト必須っと。
それぞれのチャリにワンタッチでライトを使いまわしたい!!って事ですよ。

20010305.jpg

ほれ、こんな感じで夜空に向けてアピールするも良し。。

しないか。。。
  1. 2020/01/03(金) 23:53:18|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

年末ランで終了

19123101.jpg

晴れと言いつつ朝から小雨です。
年末、大晦日の小雨の朝は近場で走ってみようというわけです。
木漏れ日最高。
人も居ない・・・・

19123102.jpg

久々に引っ張り出したシクロは結構調子よさげでして、なんだ良いじゃないか!
村を走るのに特化した感じなんで、ギア比とかタイヤとかポジションとか、しっくりきます。
やぁ良いなぁ!楽しいぞ!!!
大晦日ランは定番の村ランでフカフカの小道を縦横無尽に走りまくり。

19123103.jpg

というわけで今年は終了。
半年ですが通勤チャリで走ったおかげで、だいたい4,500キロ程度と近年まれにみる走りっぷり。
さ、皆さん今年一年お疲れさまでした。
  1. 2019/12/31(火) 17:10:51|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

完成

19122901.jpg

正月目指して完成です。
ナカガワのフレームを再利用して組み立てましてね。
潔くフロントシングルの10速仕様。
ナカガワのフレームはWレバー台座が無いので、いっそのこと無線変速を!
という事でチャレンジングな機械を取り込みまして。

19122902.jpg

ドライブトレインはこんな感じ。
フロントシングルなのでスッキリ仕様です。
今回は探しまくってナロ―ワイドの42T。
リアはXTの10速、11-36Tです。
ギア比は3.8-1.16という事ですが、
3renshoのロードのフロント50-34T×リア11-28Tの4.5-1.21よりも遅めなスタイルです。
でもね、例えば3renshoのロードでよく使う50-13あたりのギア比が3.84という事で実質問題ないレベルです。

19122903.jpg

今回のフロントシングル仕様のミソは↑コレです。
PCD130のナロ―ワイドで42Tってのはなかなか無いのですよ・・・・
結局、アブソリュートブラックの奴にしました。
そして遠路はるばる、ポーランドから輸入。

19122904.jpg

あと↑コレです。
このリムから自転車が生えてきた!という感じですが、アンブロッシオのクロノです。
やはりハードアルマイト仕様で、アンブロッシオのロゴはブラスト処理という手の凝りようでしてね。
カッコよいですね。

昼から近くの方転地でSクンとチャリで遊んでたんですが、お友達のKクン3兄弟がやってきて騒いでましてね。
Kクンからの質問は「令和元年にチャリを何個作ったの????!!!」だと・・・
近所のお友達からは「自転車マン」と呼ばれてまして。

光栄ですよ。
  1. 2019/12/29(日) 17:48:52|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

Xシフター導入

19122803.jpg

休み開始なので、悪だくみを開始。
またナカガワを引っ張り出してロードを組み立ててまして、今日一応完成。
今回このロードを組み立てる事にしたのは、車輪です。

さっぱり分からんでしょうが、まさに車輪・・・リムから始まってます。
使いたいリムが出来て、そのリムに合うようにチャリの雰囲気を考えてパーツを寄せ集めて組み立てたんです。
リムからチャリが出来たと言わんばかりです。

↑でそのロード、目玉部品はコレです。「Xシフター」という無線変速装置。
詳しくは、ググってほしいところですが。
要はですね、ワイヤーを引っ張る変速機のレバーの替わりをする機械を取り付けて、それを無線で動かすって感じ。
しかもワイヤーの引き量をスマホのアプリで1速ずつ調整できる・・・というから驚きです。
・・・という事は、スプロケとディレラーの互換性とか、レバーとディレラーの互換性とか、どうでもよいという事ですよ。

これは凄いぜ!!!

19122804.jpg

↑こんな感じでスマホで変速を調整します。
ちなみに10速で使うんですが、ワイヤーの引き量は
1:0㎜、2:3.4㎜、3:4.7㎜、4:6.5㎜、5:8.3㎜、6:10.4㎜、7:12.4㎜、8:14.5㎜、9:17.1㎜、10:19.9㎜

うーむ、引き量が一定ではありませんね。
一定のままでデフォルト設定が出来るのですが、上りも下りも完璧にしようと思ったら微妙に一段づつ動き代を
変えてやらないと綺麗に調整できませんでした。
面白いですね。これは面白い。

19122805.jpg

「Xシフター」の推奨セッティング位置は、チェーンステーにバッテリと動作部を吊り下げるのがデフォルトなんですがね。
私の場合にはフレーム的に吊り下げるのが難しかったのと、
全体のチャリの佇まい的にダウンチューブ下がカッコいいと思ったので、変則的に設置場所を替えました。

ただ、アウターが長くなりカーブ箇所も増えるのでワイヤー抵抗が増える→モータ駆動力が負ける可能性大です。
そこで、シフトケーブルとアウターは日泉のモノを使用。
更に抵抗を減らすためにアウターのカットはリュータ―で平面になるように、バリが出ない様に綺麗にカットしました。
 (リュータでカットすると端面が高温になってインナーが溶けて、
  ケーブルが通らなくなるので、ケーブルも通して一緒にカットが良いです)
最後にアウターの中にフッ素系のグリスをスプレーして完璧にしましたよ。

さてさて、Xシフター。
調整時点では非常にうまく変速できます。
レース使用は当然無理な動きですが、こういうレトロ的な使い方には最適な感じですよ。
  1. 2019/12/28(土) 22:31:48|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

7401→7402

19121803.jpg

先日10速のしかもLOW36Tに対応しようとしたRD-7401ですが、あえなく撃沈したわけですよ。
何故か、LOW側に行かない。
一応ホイールのセンターを最大限TOP側にずらして対応してみたんですが、どうも届かない。

もしやと思い、今日はRD-7402にしてみたんです。↑上が7402の8速。下が7401の7速。
7速と8速のスプロケは単純に1枚分幅を増やしただけですので、普通に考えれば8速対応のディレラーの方が
横の動きが大きくても不思議ではない!!!と思ったのです。
(調べてませんが、外見上は同じですけどね、気持ちの問題です)

19121802.jpg

さてどうだ?
LOW側もTOP側も10速のスプロケに対応するだけの横ストロークがありそうです。
気のせいか?推理が正しいのか??
これにて一件落着っぽいです。
あとはチェーンリングだな・・・

という今日は休みです。
月曜日の時点で仕事の割り振りをして、周りに振って、空きが出来そうだったので休みに決定!という訳ですよ。
良いですね、休みは。。。
  1. 2019/12/18(水) 19:27:43|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

masa

12 | 2020/01 | 02
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search