masa.photograph-diary

ホイールを誂えて

19120201.jpg

週末ホイールを誂えてました。
残っていたリアホイールを作ります。
めんどくさいので、スポークはそのまま再利用で、ニップルだけ新調しました。
安定の32Hの6本組です。
呪文の如く、反対側のスポークは右隣へ・・・

19120202.jpg

リアのスポロケは11-36Tの10Sを入れました。
ロードですよね。でっか!!!

19120203.jpg

リムはかなりほったらかしのせいでリムセメントがバリバリだったので、ゴリゴリとやすりで削りました。
いやぁ・・・・ホイール組むのも大変だ。

19120204.jpg

リムセメントを綺麗にならして、新しいリムセメントを薄く塗り、乾燥。
ココまでくれば完成も目前ですね。
ちなみにリムセメントの塗り方のコツは、細い線状にリムの真ん中に1周塗ってですね、
親指でグイ―っと押しながら左右に広げると均一に塗れて良いですよ。

19120205.jpg

ささ、チューブラータイヤ。
何故か、幅が19、21、23、25mmと各種一種類ずつという珍妙な組み合わせ。
今回は取り合えずリア19㎜、フロント21mmとしてみましたよ。

  1. 2019/12/02(月) 23:45:40|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

126→130化

19112502.jpg

600のリアハブ。都合126㎜化の改造済みなので、ナカガワの130㎜にはめると4㎜程短いです。
当然だな。
このままギューっと締め付けてもクロモリフレーム故に特に支障なく走れるんでしょうが
この調整も含めて私の趣味の自転車なので、ココは綺麗に126㎜→130㎜化してしまいます。

走るだけが趣味じゃないんだ!!チャリにするまでも味わい尽くすのが趣味ってもんだ!!!と悪態をついてみます。

19112503.jpg

↑コレですね。
取り出したるは、デオーレDXのリアハブです。たぶん7速だった様な。。幅の狭いフリー部分が物語ってます。
いやぁ、7速は流石に使わないな。って事で今回廃棄しましょう!!!!
という事で軸だけを頂く作戦です。

19112504.jpg

さてさて・・・・取り出しました。
126㎜と130㎜の軸です。
これを組みなおして、スペーサーで130㎜に調整して完了です。
おちょこ量をMIN化したいので、スプロケ側にはスペーサを挟まずに汲み上げました。
こうする事で、フランジがめい一杯スプロケ側に寄るので、おちょこ量が減らせるのですよ。

8速以上のハブでこれをやると、フレームとチェーンがTOP位置で当たる可能性大なんですが、
8速程度ならば問題ないのです。

19112505.jpg

さて完成。当然ながらピッタリです。
玉当たりの最終調整はホイールを組んでから行います。
リム部でガタを確認した方がより正確に玉当たり調整が出来ますよ。
  1. 2019/11/25(月) 22:18:43|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

サンタナ改めクロノ

19112401.jpg

先週からずっと風邪です。なかなか治らなくて、週の半分はバスで通勤したわけです。
この週末も外へ出ずにボケっとしておりました。
アレですね、撮り溜めた「孤独のグルメ」を見てます。

ささそんな週末にとっておきの、やるべき事です。↑コレね。
チューブラーのホイールを組みなおしてました。
ホイールを組みなおすと、ロードが生えてくるかもしれませんし。。。

もとは600のハブを使って、アラヤのサンタナ350を組んでたのです。
これのリムをアンブロッシオのクロノへ。
サンタナは350gでクロノは360gだそうで。32ホール同志なのでそのまま組み替えてしまいます。
今日はフロントだけです。
リアはですね、現状126㎜仕様なので、まずは130㎜へ変更してから・・・・。

19112402.jpg

そんなこんなで部屋の片隅に目をやってしまい、↑この有様です。
アラヤのRM-17 と RM-20が1セットずつ。
コレも明日ばらしてしまいましょう。

という、風邪の直りきらない週末です。
  1. 2019/11/24(日) 23:18:32|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

慢性的な病気

19111901.jpg

このロードレーサーのリアエンド周りで、車種が分かるあなた!!!
たぶん私と同類でしょう。

そして更にホワイトのT11を投入したN村氏のサンライズサイクルです。
思ったほどではない控えめなラチェット音と、きらめくアルマイト。からの文字だけ後切削。

触発されて物色中です。
ホワイトは無いから、キングかポールかフィルかナインかリングルか。
いや、最後のリングルはおかしいな。時代錯誤。
もうジュラとかDTとかMAVICとか・・・面白みがない。

という訳でとりあえずリムは仕入れました!
もちろんこの時代にチューブラー。だけど一ひねり。
  1. 2019/11/19(火) 23:43:46|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

篠山の旅

19111601.jpg

「最近ブログをさぼってませんか?OBランの記事が適当過ぎる!」とはN村氏談・・・から始まりました、
恒例のOBランです。
もうこのOBランは、へんこの集まりになってしまって、↑こんなメンバーしか残ってません。
ささ、それでは今日のOBランですが「道の駅猪名川集合して
篠山方面の山の中をぐるりとめぐる50キロちょい。
まぁサクッと片付けちゃって、風呂でノンビリ近況でも語り合いますかね。。

19111602.jpg

そして猪名川の外れにある「くろまんぷ」という名前のトンネルへ。
何でも手彫りの珍しいトンネルらしいですが、あまりその辺の知識が無いので「ふーん」と通り過ぎ。
何でも津坂トンネルというらしいですが、岩盤を削って出来たとか何とか。。

19111603.jpg

そして篭坊温泉への旧道へ。
ひなびた温泉街といった感じの道と街並みで、いい感じでした。
この手前で謎のストライプジャージに身を包んだ先行2人はミスコースでかなりの遠回り・・・1回目。
「H野氏は遅いな・・・パンクか?」なんてノンビリ休んでましたが、かなり先行されてまして
・・・そして、かなり足を使ってしまったわけです。

19111604.jpg

昼は永沢寺の蕎麦屋さんへ。
入口はそば打ち道場とかなっていて、かなり入りにくいですが、奥の奥に蕎麦屋さんがあります。
どうです?いい感じの店構えでしょ。
中も年季が入っていて、凄く落ち着きますよ。
蕎麦・・・・美味かったな。

19111605.jpg

この日の篠山周辺は紅葉真っ盛りでして。
赤や黄色が日光を通してきらびやかです。あー紅葉の季節ですな、いつの間にか。。

この後、帰りの道でもミスコースを犯して、更に走りまくった、謎のストライプジャージ2名。
やはりコースを確認せずに走りまくるのは宜しく無いですな・・・
しかもこの辺り、かなり走りやすい勾配でして。グイグイ漕いでると、分岐を見逃すわけですな。
N村氏は2回目のミスコースで心身ともに疲れ果てて、千切れていってしまいました。

ん?オレ千切ったのか?なんだか通勤チャリで早くなりましたな。

19111606_20191117060837dbb.jpg

という訳で、秋の篠山路を走ってみた今回。
使用後も程よく疲れて楽しかったですな。
  1. 2019/11/16(土) 23:50:50|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

働く自転車

191111101.jpg

通勤チャリを更に安全に。というミッションです。
勝手に点灯するテールライトを通勤チャリに無理やり付けてしまう・・・というか、
「コレ付けて通勤しておいてよ」という依頼含みですが。

この細いフェンダーに付くのか?という疑問もありましたがやってみましょう。
↑この辺か?
たぶん、普通に付けるならばもっと上に付けるでしょうが、ココは敢えてのこの位置です。
フェンダーの一番下に付けるのが、センスです。

19111103.jpg

フェンダー側には回り止めの穴を含めて二つ開けました。

19111102.jpg

固定用のボルトですが、デフォルトでは長すぎでした。
ダメだ・・・タイヤとフェンダーのクリアランスが少なすぎるんだよ。やっぱり。
仕方が無いので、カットしてしまいましょう。
ギコギコ切るとネジのかかりがつぶれてナットが入らないので、ココはリュータでカットです。

来た来た!Sクンです。「Sクンがやってあげるわ!!」と威勢よく出てきます。 困ったな。
あー怖い。手を切られないか不安で仕方無かったですが、何とかカット出来ました。

19111104.jpg

そうこうしている間に完成です。
どうですかね?これはかっこよいかもな。

「働く機械はカッコよい!」という感じですかな。そういう事にしておきます。
このアンバランスさ加減が絶妙だと自画自賛ですな。
  1. 2019/11/11(月) 23:51:47|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

無理やりQリング

19110601.jpg

通勤チャリですが、フロントをシングルに交換して1週間。
この度、もう嫌になり交換です。

週末の朝ボチボチと作業開始。
Sクンが実況中継か何かで前に陣取ってまして、邪魔極まりないな・・・
クランクを回すと、向こうでSクンの膝にペダルが当たります・・・・だから邪魔だってさ。
まぁ良いけどね。。

19110602.jpg

さて現状はこちら、アルテグラのインナー?かな。34Tです。
リアが11-28Tで、ギア比が3.09~1.21。
トップ側のギア比が3ちょいなので少し平地で足らないかな。
もう少し余裕が欲しい。。。

19110603.jpg

そこで↑これを入れてしまいましょう。
Qリングの36Tです。黒が良いんですがこの際仕方がない。
ギア比は3.27~1.28。TOPは良い感じですが、LOWはどうかな?まぁ何とか大丈夫だろう。。。

ところで、当然というか、そのままでは付きません。
本当は専用のQリングがあるんですがね。
↑この円形の内径の奴は付かないんですよね。根元がガッツリ当たります。

↑あと、インナー用なので、ほんとはQリングって書いた方がフレーム側なんですよね。
これも訳あって外側に向けたい!
5ピンの収まるところに窪みが付いてるんですが、
これをフレームの外側に向けた方がすっきりと5ピンが収まるのですよ。。。

19110604.jpg

ところが、Qリングなので負荷点が厳密に決められてます。
チェーンリングを逆向きに付けて、そもそも効果が出るのか?楕円率は何処で決めれるのか?
ささ、調べてみましょう。

右側がROTORの説明書から引っ張ってきた、正面から見たQリングの位置です。
左側はそのまま画像を逆転させました。
この逆転状態で、楕円が正規と同じように設定できるか???

19110605.jpg

↑コレです。
先ほどの2画面を合わせてみました。
どうです?
取付穴位置を合わせてみると、外歯の位置は全く同じです。
という事は、正面を逆に組んでも同じ設定が可能だという事ですな。。。
完璧だっ!!!

19110606.jpg

で組付け完了。
楕円率は他のチャリと同じ、2設定です。
されど2歯。
  1. 2019/11/06(水) 23:28:23|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ステムを改造

19103001.jpg

新しいMTBのステムを仕入れました。
ベロオレンジのクイルステムです。
特徴は、1インチのコラム径に対応していてハンドルクランプ部は31.8㎜。
更に角度が90度と完璧です。

届いたのでカットです。
たぶん、このステムの使い方としてエブリディバイク(ブルーラグ風)用で
かなりステムを上げたパターン用だと思うのですがね。
その特徴である、クソ長いコラム長を半減するべくカットです。
鉄なので、カットが大変・・・・と思いきや、結構柔らかい素材かな?10分くらいでカット出来ました。

19103002.jpg

ささ・・・・お次は。
斜ウス引き上げボルトですね。予想はしていましたが、ステムのコラム部を半減させたので、全く合いません。
見てくださいな↑このねじ切り部の意味の無さ。。
そりゃそうだ!!!

19103003.jpg

で、こういう時の為に!!!(嘘です、単なる在庫)取っておいたクイルステム各種を取り出しまして。
どうです? ↑特に右から2番目なんてイカしてるでしょ。3renshoのステムですよ。
そして全く同じ形の3番目。こちらは「The PIPE」って・・・そのままやん。

19103004.jpg

という訳で在庫のステムから、良い感じの長さの斜ウス引き上げボルトを頂きましてインサート!!!
完成ですよ。

よしっ、後は黒く塗装すれば完成・・・完成です。
ってどこまで変えてしまうのか?と自分でも思いますがね。
  1. 2019/10/30(水) 23:50:58|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

フロントS

19102901.jpg

通勤車両を少し変更しました。
そないにフンッフンッ!!!って頑張る訳でもなく、下りでギュンギュン言わせる訳でもないので
フロントの変速もめんどくさいな・・・とふと思ったわけです。

今は↑こんな感じでROTORのQリングの50Tを付けてましてね。
後ろはアルテグラ6700の11-28T。

19102902.jpg

そこで、フロントをシングルへ変更してみました。
34Tなので、リアTOPでも34-11と平地で頑張ればギリギリ感がありますが大丈夫じゃない??
とりあえず今週走ってますが、今のところダイジョウブそう。
いや、少し足らない・・・
  1. 2019/10/29(火) 23:06:38|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

靴直す

19102801.jpg

これからの季節はMTBに乗る機会も多くなるでしょう。
そこでネックなのは、週末に壊れたMTBシューズです。

シマノのSH-M150。

靴が壊れたという表現もおかしなものですが、壊れたものは仕方がない。
ソールとアッパー部がボロッと剥がれ、更に靴底が剥がれて落ちかけ・・・・

とりあえず直るかどうか?一応ボンドで張り付けてみました。
完璧に固定するために養生テープでグリグリ固定して放置です。
コレでダメならば購入だな。
  1. 2019/10/28(月) 23:46:47|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

masa

11 | 2019/12 | 01
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search