masa.photograph-diary

BBインストール

19072301.jpg

週末のBB-MT800です。
通勤チャリにBBとクランクをもぎ取られたシクロ用に新たに調達。
今度はちゃんと?MTB用を選択しました。
なんだかね・・・たくさんあって選ぶのも大変。
シェル幅68㎜のφ24㎜JIS用ですね。

19072302.jpg

MTBなんでスペーサーを全てぶち込みます。
あれもこれも突っ込んで、ガッチリと締め込めば終了です。

・・・・思えば、ラクチンになったもんです。
BBの玉当たり調整なんて大変でしたが、今や締め込めば終了とな。
その締め込み作業も、ペラペラのレンチでグイっと。
ホーザンの右ワン締め込み工具なんて、今思えば何故にあんなにでっかかったのか??
  1. 2019/07/23(火) 23:17:44|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

泥除けとは

19071801.jpg

通勤チャリの泥除けですが、「クラナ」の「シーライト」っていう極細タイプです。
世間一般的にはあまり評判が宜しく無いようで、どうも泥除け自体のアールが小さいが故に剛性が無くって、
しかもタイヤとのクリアランスを詰めるので物が引っ掛かり易く、
必然的に泥除けが壊れやすい・・・・らしい。

↑でも、カッコいいやん!!!

19071802.jpg

という訳で一応今のところ対応としては、タイヤとのクリアランスを広めに設定してます。
途中、道路でガッチャガッチャ異音が発生するところもありますが、問題は起きてません。

19071803.jpg

ところで、この泥除け、タイヤとの幅はほぼ同じという極細ぶりですが
なかなかどうして結構いい仕事してます。

↑フロント側にはお手製のフラップを付けてるので更にパワーアップです。
漕いでて一番被害を被るつま先もほとんど濡れないですし。

19071804.jpg

BBの下らへんのフレーム側も、泥はねは皆無。
こう見ると、なかなか気持ち良いですな。。。ビバ泥除けです。

19071805.jpg

当然ながら、後ろ同様に綺麗です。
良いねぇ~泥除け自体はおすすめですよ。
やはり通勤チャリみたいなヘビーユースには、それなりの機能が備わってないと・・・な。という訳です。

但し、やっぱり後ろ側の剛性の低さには閉口ですけどね。
ちょっとステーを追加する方向で検討中。
  1. 2019/07/18(木) 23:55:41|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

サングラス無理やり復活

19071601.jpg

懐かしい。懐かしきオークリーのMフレーム。
だいたいね、ロゴが古い奴です、この度復活しました。
2000円で復活です。

ダメだった理由は、ボロボロのネチャネチャになったゴム部分。
ノーズパッドとイヤーパッド部が劣化でグチャグチャになって使えなくなってたんですよ。
もちろん、その他にもフレーム自体が折れててレンズに接着してたりしますけどね・・・
(もうその時点で捨てるべきだと思いますが)

19071602.jpg

でパッド部分はというと、PRO-Mシリーズ用の純正品があるじゃないか!と気が付いたため。
即仕入れましたよ。
ノーズパッドは、↑この通り完璧にピッタリです。

19071603.jpg

イヤーパッドは全く合わずでした。
そりゃそうか。
まず長さが合いません。そしてなにやら穴の形も大きさも合わず、全く入らない・・・
うーーーーむ。困りました。

仕方が無いので、長さはカットして、全く入る素振りのない穴形は白ガスで浸して無理やり挿入。
まぁこんだけ働いてもらえば十分元は取ってるでしょうな。
だって、20年以上選手ですよ。。。凄いなコレ。

で、何故に今無理やり復活かというと通勤です。
朝日が眩しい。
  1. 2019/07/16(火) 23:26:35|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

チャリ通はじめっ!

19070901.jpg

今日からチャリ通勤でした。
この機会を逃すと一生通勤でチャリなんて使う事は無いでしょう・・・という思いです。
あれやこれやと、出来ない・やならい方が良い理由を並べる事は簡単ですが、
ここはひとつ前向きに行こうじゃないか!という訳ですよ。

・・・・行きは40分程度で会社到着。
そのままシャワーを浴びて、髪を整えて、スキンケアもしてデスクへ。
・・・・帰りは60分ちょいで村着。
汗ビチョでそのまま風呂へ。

いや、しかし暗すぎる通勤路です。
そして泥除けのボルトが緩んでガタガタ・・・・帰って速攻で直しましたよ。
  1. 2019/07/09(火) 23:32:48|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

避暑は何処?

19070801.jpg

今日は休みです。というか7月はデフォルトでほぼ3連休です。
家の改造も一段落してるので走りに行ってみました。

「川遊び、注意」。なんだかね、田舎ですよね。田舎を感じました。
「入るな」と書かない所が良いです。
やっぱりね、川遊びもしますよ。そうやって色々と自然を感じて学ぶのです。

19070802.jpg

あー川は良いですね。
これは用水路ですけど、川から引き込んだ直ぐの所なんで綺麗だな~♪
こう暑くちゃ、川遊びを始めちゃうのも時間の問題ですな。
もうそんな季節です。

19070803.jpg

今日は村から走り始めて、金剛山へ登り、下ってきてグリーンロード経由で太子町へ行き。
戻ってきて滝谷不動~河内長野駅前~三日市。
そして登り返して村でした。
2.5時間。うむ良く走った!!!
  1. 2019/07/08(月) 17:56:23|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

通勤チャリFIN‼

19070701.jpg

今日は予想外に晴れてて、走りに行くタイミングを逃し、通勤チャリの仕上げをしてました。
↑コレですっ!!!
かんせーーーーーい!!!

19070702.jpg

大きく変わったのは、こちら↑
マッドガードにフラップを付けました。
靴のビチャビチャを少しでも和らげる策ですが、革の余ってるやつを付けました。
実用第一、通勤チャリなので、実用第一!
働く自転車は美しい・・・

19070704.jpg

作り方は簡単です。
マッドガードに穴を空けます。小さめですよ・・・
で、適当に切った革に穴に会った位置でカッターで切れ込みを少々。
最後にタイラップでグイっと固定して終わりです。
より適当感を出す意味で、敢えてタイラップは切らずにビローンとしたまま放置です。
19070703.jpg

後は通勤による実務的な風合いを出すべく、カゴです。
まカッコつけるのであればPDWのテイクアウトバスケットとかにするんでしょうが、
私は①PDWは高すぎる、②ハンドルのクランプするところがいかにもカッコ悪い
って事でスルーしました。

替わりに目を付けたのが↑コレ。
リクセン&カウルの奴です。
これをゴニョゴニョとリメイクしたものをオン!!!

  1. 2019/07/07(日) 21:10:31|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

前カゴ

19070601.jpg

通勤チャリに前カゴは必須だろう!
という訳の分からない考えのもと、即行動です。
前かごと言えばPDW!ですよね。
ポートランド・・・・なんちゃら・・・ってメーカーです。かっこいい!でも高い。

高すぎるので(だいたい1.4万円程度だったか・・・高すぎて買えんわ)、コレです↑。
で、目を付けたのは、リクセン&カウルのミニワイヤーバスケットという品物。
元々安いんですが、更にアタッチメントとセットで3000円ちょいで購入。

そして!!!!いきなりカットです!
何してるんだかな・・・って感じですが、ミニワイヤーバスケットは大きすぎます。
私の理想はあくまでもPDW風なのですよ。
そのカゴ風の持ち手も不要ですしね。

19070602.jpg

でちょっと思ったんですが、アタッチメントとカゴの間にけっこうなガタがあります。
構造上仕方ない感じですが、ガタガタと音がしながら走るのは精神衛生的に宜しくないので改善です。
100均で買ってきた、扉の防音テープですね。
要はスポンジなので、ちょうどよい塩梅になるのでは・・・?という事に気が付きましてね。
貼ってしまいました。完璧か?

19070603.jpg

完璧だ!
このサイズ感といい、このお値段と言い、PDWに勝るかもな。
そしてこの丸いかごの形は、ハンドルの肩部分を握ったときに、カゴのアールがちょうどよい空間を作ってくれて
とてもハンドルが握りやすい!という特典付きです。

これはおすすめですね。。
  1. 2019/07/06(土) 23:20:25|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

何処まで行った?

19062601.jpg

通勤チャリを作りました。
7月半ばからチャリ通に替えるのですよ、泥除けのある快走ロード的なチャリを作ってみました。
↑コレです。
少し変ですが、泥除け・ロード的な・ラクチンなポジションと全ての要望を網羅出来ました。

元々はこれ、MTBです。昔々はグラビエを付けて山を駆け回ってたアレです。
私は15年ちょっと前に購入したような気がしますが、定かではありません。
幸いMTBにしては若干フロントセンターが短いので、ハンドルをドロップ化しても
まぁまぁ見れる様になった気がします。

19062602.jpg

ハンドルは上体をラクチンにすべく少し広めの420㎜です。
レバーは本体がアルテグラ10SのST-6700ですが、リア側のみレバーをジュラエースのST-7900へ換装。
今ロードは400㎜に揃えてあるので、持った感じは広い!という気がしますが
後々、フロントバスケットを取り付け予定なのでこれくらいの広さでちょうどよいだろう・・・と。

19062603.jpg

ブレーキは一工夫しました。
MTBなので、ガッツリ26インチです。ブレーキ台座ももちろん26インチ用。
でも今回は快走ロード風なので700Cにしたわけです。
そこで禁断のVブレーキを採用。
「LITEPRO」っていう良く分からないメーカの奴ですが
果たして、なかなかどうしてうまく付きました。
26インチ→700C化には有効ですね、コレハお勧めです。

で、この胡散臭いVブレーキを動かすのは普通のロード用STIlレバーなんで、
レバー比なんて超適当ですが、とりあえずフィーリングは悪くないです、
いや・・・案外良いね。
グニャっとはせずにカッチリと効きます。VブレーキとSTIレバーだと、レバー側の力が強くなりすぎて
Vブレーキを締め過ぎになってグニャっとしちゃうんですが、この「LITEPRO」だと、Vブレーキの支点からシューまでの
距離が長いので、力が弱まった結果STIレバーで引いてもいい感じになった・・・・と妄想してます。

19062604.jpg

このフォルムで前後泥除け付きです。
クラナのシーライト700Cをチョイス。
タイヤ幅28Cに対して30C用にしましたが、ほぼ ピッタリにできましたね。

19062605.jpg

最後にもう一工夫・・・というか代用品の紹介を。
↑トップチューブに沿わしたワイヤー類ですが、私のいつもはシマノのチューブを仕込むんですが、今日に限って忘れ。

仕方なく、コレです。
分かりますか?アレですよ。。網戸の縁部分にグイグイとはめ込むゴムです。
アレをちくわみたいに切って、途中に挟めば終了です。
なかなかの良い代用品だと自画自賛です。
  1. 2019/06/26(水) 23:15:10|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

されどリムテープ

19062501.jpg

出来た自転車は乗る前にタイヤの空気圧をめい一杯上げて半日ほど放置するというプレイをしています。
もう癖的な何かかもしれません。

↑程なくして今回は「プッシュ―!!!」という音が庭から聞こえてきました。
Sクンが「おとーさーーーん!なんか自転車が爆発したよっ!!!」」と教えてくれました。
どれどれ・・・・パンクですね。

19062502.jpg

開けてみるとチューブのリム側の中央部分でパンクです。
珍しいですね、内側とは。。

19062503.jpg

↑位置を探りながら調べてみると、コレですね。リムテープとニップルの穴に隙間がありました。
チューブのエア圧を高圧にしたために、チューブがこの穴にめり込んで、リムの穴の角でパンクでしょう。
原因はですね、合ってないリムテープ!これでしょう。。
まぁこのリム、貰い物なので仕方がないです。

19062504.jpg

今回は手元に新しいピッタリのリムテープが無かったので、ビットリアのコットンリムテープを貼り付けました。
少しもったいない気もしますが・・・

エア圧を高圧にすると見えない不具合が明らかになりやすいのでお勧めです。
リムテープは幅をピッタリの奴にしないと、↑こういう不具合を併発する恐れがあるので
「されどリムテープ」と思って注意が必要です。
  1. 2019/06/25(火) 23:05:17|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

レバーはジュラテグラ

19062104.jpg

レバーもST-6700のアルテグラですが、手元にST-7900ジュラがあったので、よく見てみました。
うむ?これは同じか?材質がジュラがカーボンになるだけか???

良く見てみるとレバーの左右振りの支点を止めてるリベット形状が異なりますが、だいたい同じかも?

19062105.jpg

とりあえずばらしてみました。
うむ、使えそうだ!となった訳です。
交換してみましょう・・・・

19062106.jpg

交換出来ました。
ダイジョウブです。機能上は問題ありません。
ただ、支点のリベット形状が異なるので、銀色のカバー部分の形状も異なってるので
この部分もジュラへ交換です。
前から見た目はジュラのレバーになりました。横から見ると、ゴムはシマノって書いてあってジュラじゃないし。

でも、なんかあーでもないこーでもないとやりながらチャリを作るのは楽しいですね。
  1. 2019/06/21(金) 23:15:53|
  2. bicycle|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

masa

06 | 2019/07 | 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search